ブロークン・コンソート・タペストリー

bctapestry.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 05日

美味しい食事、美しい音

先週木曜から今週月曜、ともべは4泊5日のセミナーに参加してきました。

すばらしかったぁ。
まず第一に、美味しかった…。美味しいご飯を食べるって幸せですねぇ。(しみじみ…)
美しい素晴らしい音楽を聴くのと同じくらい幸せですねぇ。(??)

そして、先生方の素晴らしさといったら…。
まず、つのださんのリュートのほんとうに素晴らしいことったらありませんでした。
むかーし、小学校か中学校の国語の教科書に、仏像を彫る人の昔話があって、その音運びを聴きながらそのことを思い出しました。私が覚えているその話の一節は、「彼は仏像を彫っているのではなくて、その木の中に埋まっている仏像を取り出しているだけなのだ」というような言葉でした。つのださんのリュートを聴きながら、あぁぁぁぁ、と鳥肌が立つのを感じました。そうだ、そうなんだよなぁ、と。

私はいま自分の中で、いわば音楽第3期に来てるのですが(笑)、つまり、第1期は、ただのん気に、知ってる曲をリコダーで永遠吹いたり、歌集の端から端まで、1人であっけらかんと歌っていた小さい頃。そして音楽を学ぶという気持ちで始めた高校大学が第2期。第2期では音楽が苦痛になり、辞めてしまおうと思っていたのでしたが、あるCDを聴き、それ以降今に至る第3期が始まりました。22歳だったかな。

そのときの音楽の感動は、今までまったく受けたことのないものでした。それを私は夕焼けの感動、という言葉にしてみたりしているのですが、つまり、自然界にあるものすごく強烈な美しさ、あの感動と同系のものを、人が人へ伝えることができるかもしれない、と思った音楽体験。
そして今回、空気の中に振動をあたえるつのださんが、まるで当然そこにあるべき音色、音程や次の音へのつなげ方で、ただ再現してくれているかのように聴こえました。彼は、能動的にその曲の世界を作り上げているのではなく、ただ、誰もがするように、当然そうあるように、決まった気象条件が整えば必ず夕陽が空を赤く染めて沈むように、美しいのになぜか悲しく、悲しいのになぜか幸福な気持ちを私の中に思い出させたのです。

22歳のあの体験。あれからずっと、「美しい」っていったいなんだろう、と、よく考えます。「美しい」と思う感情って、どこからやってくるのか、と考えます。答えはうまくでてこないのですが、それをよく繰り返し思い出しては、あれこれ考えます。美しい、ということを、どちらかといえば「よいもの」と感じるのは、生物学的にそれが種の保存ためになるからなのか、それとも社会的に植えつけられた何かなのか…。
と、同時に、去年の同じセミナーで見たビデオで学んだ、振動が物質に及ぼす影響について考えます。そのビデオの実験では、金属板の上に巻かれた粉が、その金属板に一定の振動を与えることで、徐々にまったく見事な幾何学模様を作り出すのでした。液体にたらしたインクも、同様に一定の振動をあたえると文様を作りました。それはシンメトリーの、ほんとうに不思議な美しい模様でした。

私たちの身体の中で、音はいったいどのように作用しているのでしょうね。
そんなうっすらとした疑問が私の中で浮遊しながら、気持ちの良いほうへ、良いほうへと、歌っている私です。まだまだ不自由なことばかり。もっと自由になれたらいいなぁ。。。そしていつか、彼の音のように、あるがままに、当然そうあるように、うたうことが出来る人になりたいですねぇ。ほんとうにねぇ。

わ!長くなりました。明日は練習ですね!
楽しみです♪

(ともべ著)
[PR]

by bctapestry | 2005-03-05 23:49 | 練習日記


<< ★単独公演のお知らせ★      2/19は「休みの日には音楽家... >>