2004年 09月 29日

自宅練習での格闘 ~器になること~ byともべ

ここのところ、ともべは個人レッスンでパーセルをみてもらうことが多く、今日は名曲、「An Evening Hymn」をみていただきました。

古楽がスキと思いつつ、本当は古楽の曲にまったく詳しくありません。初めてのパーセル体験はそんなわけで今年の春。波多野睦美さんのセミナーに参加し、初めてパーセルの曲としっかり格闘することになりました。もっともっと古い音楽にすんなりと入ることができても、バロックと聴くだけで、メリスマを見るだけで、アレルギーのように寄せ付けなかったところがあり、パーセルもその対象だったというのがありました。

しかしこのセミナーの課題は、リュート伴奏のものと、チェンバロ伴奏のものと2つ選ぶ必要がありました。申し込んだときには、リュートソングだけもって行けばいいものと思っていたので焦りましが、ともかく見てもらうなら英語のものがいいと思っていたこと、手元に花井氏から頂いていたパーセルの「Sweeter than Roses」のファクシミリ版の楽譜があり、チェンバロ伴奏で英語で思いつくものがまったくなかったので、好みも何も関係なくこの曲にチャレンジすることになりました。

結果、この曲が大好きになりました。いや、させて頂いたというべきか。そしてたくさんの受講生が歌うパーセルの曲が好きになりました。みんな完全に上手に歌っているわけではありませんでしたが、公開されているそのレッスンをずっと聴いているうちに、どのように感情移入し、メロディと言葉を愛でて学んでいくことができるのかを受け取ることができたのです。
そういう部分でも多くのものを学ぶセミナーでした…

さて、そうして私はその後、パーセルの曲を花井氏とのレッスンにもっていくようになりました。先生は英語がご専門ではありませんが、パーセルの曲が大好きで、レパートリーがたくさんあるということを知りました。普段フランス系のものやイタリアものを聞かせていただくことが多いので意外でしたが、レッスンの中で声によって示してくださる先生のパーセルは確かに素晴らしいです。いつかコンサートで歌ってくれればな~。。。

「この曲はねぇ、何度歌っても、いつも満足に歌えたと思えないけれど、いつもそれなりの気付きがあるのよねぇ」としみじみとしながら、「すべてをそぎ落として、自分に何にも無い状態でないと、歌えないと思うのね」とおっしゃる。
今日はある教会の聖堂でのレッスンだったのですが、私はその言葉に深く引き込まれました。
すーっと、高い天井からやってきた気が先生の中に入って満たされるような気がしました。先生はからっぽで、その気が入ったことで満たされ、表情が輝いてその喜びが声になり、歌になったようなきがしました。
私はそのときゾクッとして、すっかり歌い方がかわってしまったのです。

「あなたは完全でなくていい。この音楽は、あなたの存在よりももっともっと大きく、あなた自身がどうこうできるものではない。待って、そのときがやってきたら歌いはじめなさい。あなたはただこの音楽が通り抜ける器であるだけでいい。あとは身体がしっていてすべてやってくれるのです。」そうやって魔法をかけてくれたのは、去年の秋のWSでお会いしたレベッカ先生。
あのときの大きな感動と喜びが再び再現され、急に Evening Hymn に対面してる自分自身が変わってしまったような気がしました。テキストが私の身体を通り抜けて声になる。そうだった、そうだったんだよね。

花井先生のレッスンはそれと同じように私に作用し、歌えば歌うほど身体がからっぽになって次のフレーズが向こうからやってきて通り抜けていきました。各フレーズを歌い終わったあと、とても自然でリラックスしていて、身体中が幸福感に満たされます。
レッスンの初めでは、貧弱な自分を隠すように、めいいっぱいを出そうと頑張って頑張って頑張ってフレーズの終わりにたどり着こうとしていたのに気がつきました。そう、きっといつもそう。そして願いとは裏腹に、苦しくて悲しい歌になってしまうことが多い。

いろいろな歌があるでしょう。しかしこのようなタイプの曲を歌えること、そして教えて頂けることは、本当に私にとって人生の宝だなぁと感じます。心して学び、この幸福感をもって本番でも歌えますようにと、ただただ祈ってしまいます…

魂に響き渡る確かな名曲。いつかタペストリーでも演奏できるかなぁ。


(ともべ著)
[PR]

by bctapestry | 2004-09-29 20:46 | 練習日記


<< コピー楽譜の整理      9月11日(土)13:00~1... >>