ブロークン・コンソート・タペストリー

bctapestry.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 12日

8月8日(日)10:00~12:00 会場;芸術園(新大久保)

久しぶりの午前中練習。
しかし本番前とあって結構テンションも高く充実した練習になりました。
ひとしきりその曲を練習してみたあとに、今回はMDに録音をしてMDデッキを使いその場で皆で聴きました。
指揮者のいないアンサンブルはやはり、全体がどうなっているか、自分達の演奏が自分の思っているのとはどう違っているのか、演奏しながら見つめることがとても難しく、録音を聴くことは1つの打開策。
音質という点ではやはり実際の音とは異なり、特に低い音などは拾われにくいのでそのあたりのバランスは分かりづらいけれど、非常に参考になると思うので続けていきたいです。
特に音楽の流れや行き先が見えていないような演奏になっていることは、ありありと聴き取ることができました。

まず各自が自立し、そして常に、周囲とどのような関係を結べるかを瞬時にさぐりながら、それぞれがその音楽に深く関わってどのように演奏したいのかにとりくめる。これはアンサブルの醍醐味の1つ。私自身自分にそれを強く要求しながら、一緒に活動する一人一人からもらえる音楽へのアプローチを、いつも楽しみにしています。

ともべ著
[PR]

by bctapestry | 2004-08-12 10:40 | 練習日記


<< 自宅練習での格闘 ~録音練習の...      「休みの日には音楽家」vol.... >>